関東第一戦に先発した履正社・清水=甲子園

 履正社が逆転勝ち。1点を追う五回に、内倉の適時打で同点とし、西川の犠飛で勝ち越した。六回には井上が走者一掃の二塁打を放ち、突き放した。清水は二回以降はコースを突く丁寧な投球で抑え込み、3失点完投。

 関東第一は一回に平泉の3点本塁打で先制した後は、打線が的を絞れなかった。投手陣も踏ん張れなかった。