高波のため岩場に孤立し、救助される海水浴客=18日午後、福井県美浜町(敦賀海上保安部提供)

 18日午前11時50分ごろ、福井県美浜町竹波の水晶浜海水浴場の監視員から「岩場に人が取り残されている」と敦賀海上保安部に連絡があった。同保安部の巡視船が間もなく7~41歳の男女24人を救助、うち男性1人が足に軽傷を負った。

 同保安部によると、救助されたのは男性17人と女性7人の海水浴客で、沖合数十メートルの岩場まで泳いだり、岩を伝ったりして渡った後、波が高くなって戻れなくなった。周辺は当時、風速約4メートルで、うねりが比較的強く、午前9時半ごろから遊泳禁止になっていた。巡視船は付近を航行中だった。