[磯]<大島>18日、水温27・8度。波が少し高かった。俵でアジ14匹とグレ6匹、シマアジ、カスミアジ、シオ、ツバス、アイゴを各1匹。ホリモンで底物狙いが41センチのイシダイと47センチのコロダイを各1匹。バタフライで35センチまでのイサギ10匹とマルソウダ3匹。

 [潮入り川]<太田川河口>18日、8時から約2時間、イガイを餌に落とし込み仕掛けで釣り歩いた人が25~47センチのチヌ5匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>18日、赤灯付近で53センチのヒラスズキ1匹と12センチ前後のマメアジ400匹。コーナー付近で型は未確認だがチヌを1、3、6匹。フジツボを餌に落とし込み仕掛けで釣り歩いた人は31~51センチを6匹。

 <答島港>18日、岸壁の中央付近で6時から約3時間、市販の加工沖アミを餌にハリス1号チヌバリ1号でウキ下3・5~4ヒロを探り、25、40センチのチヌ2匹と18センチのキス3匹。少し南寄りで鳴門市の人が25~40センチのチヌ8匹。15時から3時間ほどサオを出した人も25~40センチのチヌ4匹と15~18センチのキス3匹。

 <橘港>18日、阿南市の2人が14時半から3時間半ほど市販の加工沖アミを餌に23~25センチのキビレ3匹と25~28センチのチヌ6匹、20センチのチャリコ2匹。17日は、徳島市の人が23~45センチのチヌ31匹と好釣果。

 [船釣り]<伊島沖>18日、2隻を仕立てて出掛けた人らがジギングで65~75センチのメジロ49匹と35センチのカンパチ1匹、70センチのサワラ2匹、指幅3~6本のタチウオ8匹、サバ数匹。

 <牟岐沖>18日、自家用船で出掛けた人が早朝の1時間半、フカセ釣りで25センチのイサギ2匹と30センチのサバ1匹。マグロの回遊があったが餌には反応しなかった。

 [イカダ]<宍喰>18日、薄濁りで潮の動きもよかった。TEAM磯FINALISTの福原健さんが市販の加工沖アミを餌にハリス1・2号チヌバリ2~3号でウキ下3~4ヒロ半を探り、32センチのチヌ1匹と32~40・5センチのへダイ6匹。同行の人も似た仕掛けで34・5~48センチのチヌ9匹と26~37・5センチのへダイ4匹、50・5~58センチのコロダイ3匹。各自数回、ハリ外れやハリス切れなどのバラシがあった。60センチ級のボラも数匹釣れたが再放流。    (県釣連盟報道部)