茨城県の常磐自動車道あおり運転殴打事件で、傷害容疑で逮捕された宮崎文夫容疑者(43)が、あおり運転したことについて「前を走る車が遅く、妨害されたと感じた」との趣旨の供述をしていることが20日、捜査関係者への取材で分かった。