[イカダ]<ウチノ海>19日、昼ごろから雨が本降りになった。ヤカタで25~35センチのサヨリの好調が続いている。沖アミを餌に徳島市の人が300匹。別のヤカタでも250匹。他の人らも100~200匹。赤アミを餌にサビキ仕掛けでは、10~13センチの小アジを中型クーラーに満杯。18日は、沖アミを餌にフカセ釣りで30、40センチのマダイと35、40センチのチヌを各2匹。別の人も25、30センチのマダイと40、46センチのチヌを各2匹。別のヤカタではサヨリ、小アジが多数釣れていた。

 <由岐>19日、水温27・2度。胴付仕掛けで30センチの本ハゲ3匹と30センチ前後のマダイ4匹、1キロのアオリイカ1匹。10時ごろ雨が激しく降りだしたため納竿した。18日は、3人が23~34センチのマダイ21匹と35、42センチのへダイ2匹、28~31センチの本ハゲ9匹、30~33センチのサヨリ20匹。

 [船釣り]<伊島沖>19日、仕立船で出掛けた人らが、ジギングで65~80センチのメジロ6匹と30~35センチのカンパチ4匹、40センチ前後のサバ約10匹。ハマチは多数釣れたが再放流。

 <浅川沖>18日、南東の風で水温26・7度。沖の掛け釣りで、サオを出した人らがタイラバージグで、30~50センチのマダイ7匹と同型のイトヨリ5匹、30~35センチのレンコダイ20匹。

 <兵庫・淡路沖>18日、自家用船で出掛けた2人が、釣ったアジを餌にハリス7号で63~66センチのメジロ3匹と33~38センチのカンパチ7匹。

 [磯]<高知・甲浦>19日、少し波が高かった。水温28・5~29・5度。エボシで30~40センチのグレ15匹。

 <恵比須浦>18日、下り潮で水温27度。大辰巳周辺のハエで底の藻を狙った人が30、40センチのイシダイと38、41センチのイシガキダイを各2匹。別のハエでも35センチ前後のイシガキダイ2匹。

 [波止]<赤石東ふ頭>19日、薄濁りで波はなかった。7時半から1時間半、イガイを餌に落とし込み仕掛けで釣り歩いた人が、40~47センチのチヌ3匹。

 <和田島大手海岸>19日、4時前から約1時間、冷凍キビナゴを餌にタチウオを狙った地元の人が、指幅3本半~4本を17匹。小型の指幅1本半前後も4匹釣ったが再放流。18日も同じ人が夕方の1時間で、指幅2~4本を5匹。小型も6匹釣ったが再放流。(県釣連盟報道部)