航空機用内装品メーカー「ジャムコ」(東京)が国内航空会社向けのギャレー(調理室)などの製造工程で不正をしていたとして、国土交通省は20日、航空法に基づく業務改善命令を出した。委託先担当者の印鑑を代わりに押したり、無資格の従業員が部品検査をしたりしていた。

 ジャムコの大喜多治年社長は同日記者会見し「ご迷惑を掛け深くおわびする」と謝罪した。同社は国交省の調査に対し、業務拡大に応じた検査員の養成を進めず、納期を優先し、コンプライアンス(法令順守)の意識が欠如したのが原因と説明している。