約10年ぶりにシングルCDをリリースするASKA

 シンガー・ソングライターのASKA(61)が21日、約10年ぶりのシングルCDとなる「歌になりたい」を11月20日にリリースすることを発表した。

【写真】5年ぶり全国ツアーで熱唱するASKA

 ASKAは、2018年3月から半年にわたり、自らに課した「月一配信曲」として6曲発表してきたが、すべて配信でのリリース。シングルCDとしては、2009年2月に発売し、オリコン週間シングルランキング初登場11位(2009年3/9付)を記録した「あなたが泣くことはない」以来、約10年ぶりとなる。

 表題曲の「歌になりたい」は、今年2月から4月にかけて行われた自身6年ぶりのバンドツアー『ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA -40年のありったけ-』のステージでも披露され、重要な役割を果たしてきた楽曲。歌詞のなかに「命」や「宇宙」が登場する壮大なテーマでありながら、誰もが心に持つ「愛の歌」を歌っている。カップリングには、東京オリンピックをイメージして制作した楽曲「Breath of Bless」が収録される。

 なお、きょう21日、前記の『ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA -40年のありったけ-』のライブDVD/Blu-rayが発売となった。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。