[友釣り]<勝浦川>20日、20センチほど増水して少し濁りがあった。上勝の通称温泉前は釣り人が多かった。徳島市の人が11時から4時間、2カ所でサオを出し20~24センチのアユ11匹。根掛かりでオトリにしていた3匹を逃がした。

 [磯]<宍喰>19日、前日より波は収まり、水温26度。前磯側の南ワレでバフンウニやガンガゼを餌に底物仕掛けで40~51センチのイシダイ3匹と30、35センチのイシガキダイ2匹。11時すぎから雨が降りだし、強くなったので12時に納竿。

 [イカダ]<椿泊>19日、波風ともに穏やか。日によって型にムラがあるがアジの食いが好調。25センチ前後をサオ頭の人が約50匹。別の人は30~40匹。12、13センチ前後が回遊する日もあるようだ。

 [波止]<東沖洲>19日、10~12センチのマメアジの食いが活発。旧沖洲突堤周辺では多い人で約200匹。夜明けから30分ほどは14~15センチのイワシが入れ食い状態だったが数は未確認。通称倉庫前では多い人で150匹。別の人は100匹ほど。14~18センチのイワシの回遊があった。

 <小松島港沖ノ一文字>20日、波風ともに穏やか。イガイを餌に落とし込み仕掛けで40センチ前後のチヌ3匹。その後、フカセ仕掛けで20~23センチのガガネ15匹。アジ狙いの人はサビキ仕掛けで13センチ前後を約300匹と20センチ前後のグレ10匹。

 [船釣り]<伊島沖>20日、乗合船で出掛けたグループはサビキ仕掛けやジギングで60~77センチのメジロ9匹と35~52センチのカンパチ26匹、30~58センチのマダイ3匹、30、35センチのイサギ2匹、38センチのマハタ1匹。

 <高知・室戸沖>19日、日暮れ前から5時間、仕立船で35~40センチのイサギ50匹と50センチのシブダイ、同型のシマアジを各1匹。

  (県釣連盟報道部)