徳島県は21日、マダニが媒介するウイルス性感染症の重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を板野郡内の80代男性が発症したと発表した。今年に入り7例目。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。