ディーン・フジオカ(中央)の誕生日を祝福した岩田剛典(右)と佐々木蔵之介(左) (C)フジテレビ

 俳優のディーン・フジオカが主演する10月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ『シャーロック』のポスター撮影がこのほど都内で実施され、主人公の“シャーロック”を演じるディーン、“ワトソン”役の岩田剛典、そして江藤礼二警部役の佐々木蔵之介が顔をそろえた。現場では19日に39歳に誕生日を迎えたディーンを岩田、佐々木がサプライズで祝福。突然のセレモニーに「いやぁ、ビックリしたぁ」ととまどいながらも、喜びに顔をほころばせた。

【写真】フルーツの盛り合わせをプレゼントされたディーン・フジオカ

 朝からポスター撮影と取材が組まれたこの日、穏やかに会話をしながら終始笑顔を絶やさないディーンと岩田は、お互いに「岩ちゃん」「ディーンさん」と呼び合い、早くも心の距離を縮めている様子。クランクイン前にも関わらず、すでに名バディ誕生を予感させる。

 一旦休憩を挟んだ後、次の取材部屋へ案内されたディーンを待ち構えていたのは岩田と佐々木、そしてドラマ制作スタッフたち。突然のバースデーソング合唱と「お誕生日おめでとうございます!」のコールと大きな拍手が送られた。岩田からはフルーツの盛り合わせ、このタイミングでディーンと初対面となった佐々木からは「ディーンさんはお肉がお好きということで…。そして、初めまして!(笑)」と、塩の詰め合わせセットがプレゼントされた。

 突然の祝福に驚きつつもディーンは「39歳になりました。最後の30代、悔いのないように、まずはこの『シャーロック』というプロジェクトを大成功させるために全身全霊、全力で頑張っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします!」と笑顔であいさつしていた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。