23日に鳴門オロナミンC球場で始まる高校野球の2019年度徳島県新人中央大会の組み合わせ«別表»が21日、決まった。中央B、西部、南部の各ブロック大会の上位2チームと中央Aブロックの優勝校、全国選手権県代表の鳴門の8チームが、県秋季大会のシードを懸けて戦う。23、24、26日の3日間、同球場で行われ、上位4チームがシード校になる。(表中=丸数字は試合日、洋数字は試合開始予定時刻)