『モーニング』38号で連載がスタートした『相談役 島耕作』 (C)講談社

 弘兼憲史氏の人気漫画『島耕作』シリーズの新連載『相談役 島耕作』が、22日発売の『モーニング』(講談社)38号でスタートした。約6年ぶりの8度目の新シリーズとなり、2013年に「会長」、18年に同誌の編集長となった島耕作が、テコット会長を退任して相談役に就任した。

【画像】『騎士団長』に転生した時の島耕作

 1983年から現在まで同誌で連載されている『島耕作』シリーズは、サラリーマン島耕作の出世を描く人気漫画。課長(83年)、部長(92年)、取締役(02年)、常務(05年)、専務(06年)、社長(08年)、会長(13年)と出世していき、昨年11月には『モーニング』の編集長に就任していた。

 また、島耕作が、騎士団長に転生する漫画『騎士団長 島耕作』が、3月より『月刊コミックゼロサム』(一迅社)で連載されるなど、色んな役職についていることから、当時、ネット上では「#島耕作の次の役職を考えよう」と島耕作の新たな役職を考えることが話題に。

 そして、今回の相談役となってネット上で「これは、島が亡くなっても『2代目・島耕作』『20代目・島耕作』とかが始まるのでは?」「島耕作、相談役になったんだ…次は何だろう。顧問?」「そのうち『介護 島耕作』になって、最終的に『転生幼女 元、島耕作』になるで」「島耕作の役職は永遠のネタ」などと再び次の役職を考察する声があがっている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。