[波止]<沖洲>21日、新町川河口付近の岸壁で午前中の3時間、サビキ仕掛けで11~13センチのアジ300匹余り。午後から出掛けた人は、2時間で100匹余り。

 <小松島港沖ノ一文字>21日、沖アミを餌にフカセ釣りで、40センチ前後のチヌ3匹と60センチのスズキ1匹。

 <和田島大手海岸>21日、17時から1時間、イシゴカイを餌にチョイ投げで、17センチ前後のキス5匹。

 <和田島漁港>21日、早朝の2時間、キビナゴを餌に22~27センチのカマス20匹。タチウオ狙いの人も、キビナゴを餌に指幅2~4本を12匹。

 <赤石東ふ頭>21日、早朝の2時間、キビナゴを餌に指幅3本半~4本半のタチウオ17匹。サビキ仕掛けでは、早朝の3時間で12センチ前後のアジ200匹余り。

 [潮入り川]<新町川>21日、日没後の1時間、ふれあい橋下流右岸からワームで、40センチのキビレ1匹。

 <今切川>21日、6時半から4時間、加賀須野橋周辺で、沖アミを餌にフカセ釣りをした徳島市の2人が、ウキ下3ヒロ前後で25~53センチのチヌを合わせて25匹と25センチ前後のキビレ4匹。

 [イカダ]<ウチノ海>21日、小鳴門筋のカセでコーンや沖アミなどを餌にカカリ釣りで、20~38センチのチヌ33匹。別のカセでも同仕掛けで、20~43センチを19匹。堂浦のヤカタでは、サナギを餌にカカリ釣りで、23~43センチのチヌ41匹と合間にサヨリを狙いで30センチ前後を50匹。別のヤカタでは、サヨリを専門に狙った人が同型を70匹。

 <高知・甲浦>21日、波は穏やかで水温27・5度。1号は30、35センチのアイゴ2匹と28センチのグレ1匹。

 [船釣り]<高知・室戸沖>20日、緩い上り潮。日没前から仕立船で沖アミを餌に、40メートル前後のポイントを狙った人が、ハリス16~18号、100号のオモリを使い、45~50センチのシブダイ17匹と35~40センチのイサギ17匹、50センチ前後のタマミ2匹、同型のサバ10匹。(県釣連盟報道部)