映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台あいさつに登壇した(左から)伊藤修子、金子大地、大塚寧々、沢村一樹、林遣都、田中圭、吉田鋼太郎、志尊淳、内田理央、眞島秀和、児嶋一哉、瑠東東一郎監督 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の田中圭(35)と沢村一樹(52)が23日、都内で行われた映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台あいさつに登壇した。映画版からの新キャストとして参加した沢村だが「今回はこの映画で初めて一人二役。難しかった~」と最初のあいさつから“暴走”。狸穴迅役を演じた沢村が「ゆいP。ゆいPと狸穴の二役演ってたんですよ」と劇中に登場するおかずクラブのゆいPも自分だと主張すると、田中は「ん? ん? どうした、どうした」とあっけにとられた。

【写真】肩を組み笑顔で立ち去る田中圭と林遣都

 さらに沢村は「ゆいP役が難しかった。ちゃんとできてたかな?」とすっとぼけると、田中は「コツとかありました?」と質問。沢村が「テレビ見て練習しましたよ。『クソがっ!』って」とガンバレルーヤ・よしこのギャグで返して「ゆいP、上手だったでしょ?」と堂々と振る舞えば、田中は「拍手おかしいから、だまされちゃだめですよ!」と拍手する観客に注意喚起した。

 昨年、『2018年新語・流行語大賞』トップ10を獲得し、大ヒットを記録したテレビ朝日系連続ドラマの続編。映画版では陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)、本社で新たに発足したチーム「Genius7」のメンバーが突如として現れたリーダーの狸穴迅(沢村一樹)らを新キャラクターに迎え、主人公・春田創一(田中)、牧凌太(林)、黒澤(吉田)らとともに、前代未聞のおっさんたちによる五角関係のラブ・バトルロワイヤルを展開する。

 とどまることを知らない沢村の悪ノリは続き、『ラブが、とまらない』のキャッチコピーにちなみ、キャスト一同が「○○が止まらない」を答えるコーナーでは「役がなかなか抜けなくて…『おかずクラブがとまらない』」と紹介。さらに「ゆいPの役でアカデミー賞取れると思います」と言い張る沢村に田中は呆れ顔で「沢村さんがゆいPやってたら世界出られると思います」とさじをなげていた。
 
 イベントには林遣都(28)、内田理央(27)、金子大地(22)、伊藤修子(42)、児嶋一哉(アンジャッシュ・47)、志尊淳(24)、眞島秀和(42)、大塚寧々(51)、吉田鋼太郎(60)、瑠東東一郎監督(40)が登壇した。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。