【バーゼル(スイス)共同】バドミントンの世界選手権で女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は中国のペアに1―2で逆転負けし、メダル獲得を逃した。