【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク外国為替市場で、米中貿易摩擦が一段と激化するとの懸念から円買いドル売りが進み、一時、1ドル=105円台半ばをつけた。