映画『無限ファンデーション』の初日舞台あいさつに出席した南沙良 (C)ORICON NewS inc.

 女優の南沙良が24日、都内で行われた映画『無限ファンデーション』の初日舞台あいさつに出席。“全編即興劇”で構築された異色の主演作を演じきり「全編即興と聞いたときは驚いたけど、ワクワクしてました。撮影は楽しかったです」と白い歯を見せると、共演陣からは「心臓が強い!」と感嘆の声が漏れた。

【集合ショット】南沙良とともに“即興芝居”に臨んだ出演者たち

 シンガーソングライター・西山小雨の楽曲「未来へ」を原案にした同映画は、全シーン“即興芝居”で紡いだ異色の青春ストーリー。南のほか、原菜乃華、小野花梨、近藤笑菜、日高七海、佐藤蓮が出演し、大崎章監督がメガホンをとった。

 観客からの「面白かった!」という歓声に安堵の表情を浮かべた南。「実際に現場に入ってみて、相手からもらう言葉がわからずに撮影が進んで行った」と振り返りながら「即興の独特の間やセリフも決まっていないので、全部が自分の中から出てくるもの。そこを皆さんに観てもらいたい」と呼びかけていた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。