津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さん(右奥)の演奏で踊る大道芸人のギリヤーク尼ケ崎さん=24日午後、北海道函館市

 老いや病気と闘いながら国内外の街頭で半世紀以上踊り続ける大道芸人のギリヤーク尼ケ崎さん(89)が24日、故郷の北海道函館市内の広場で津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと共演した。観客約600人が2人の芸に見入った。

 ギリヤークさんは1968年10月に東京・銀座の街頭でデビュー。国内のほかパリ、ニューヨークなど海外へ進出する一方、阪神大震災や東日本大震災の被災地でも繰り返し公演した。近年はパーキンソン病や脊柱管狭窄症と闘いながら踊り続けている。

 24日は黒子の女性が押す車いすで登場。歯を食いしばって一心不乱に踊る様子を観客は見守った。