パリで行われた陸上ダイヤモンドリーグの男子200メートルで優勝したノア・ライルズ(中央)。(AP=共同)

 陸上のダイヤモンドリーグ第12戦は24日、パリで行われ、男子の200メートルはノア・ライルズ(米国)が19秒65の大会新記録で優勝した。走り高跳びの佐藤凌(東日印刷)は2メートル23で7位。マイケル・メーソン(カナダ)が2メートル28で勝った。

 男子三段跳びは18歳のウィル・クレイ(米国)が大会新の18メートル06で勝ち、女子100メートルはリオデジャネイロ五輪短距離2冠のエレン・トンプソン(ジャマイカ)が10秒98で制した。(共同)