アストロズ戦の4回、中前打で守備が乱れる間に二塁を狙うがアウトと判定され、セーフのアピールをするエンゼルス・大谷=ヒューストン(共同)

 アストロズ戦の4回、中前打を放つエンゼルス・大谷=ヒューストン(共同)

 【ヒューストン共同】米大リーグは24日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がヒューストンでのアストロズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、5打数1安打、3三振で3試合ぶりの安打をマークした。今季は100安打に到達した。チームは2―5で負け、4連敗を喫した。