女子48キロ級決勝 ウクライナのビロディド(右)を攻める渡名喜風南=日本武道館

 男子60キロ級3位決定戦 高藤直寿(上)を破り銅メダルの永山竜樹=日本武道館

 柔道の世界選手権は25日、東京・日本武道館で開幕し、女子48キロ級で昨年2位の渡名喜風南は昨年と同じ顔合わせとなった決勝でダリア・ビロディド(ウクライナ)に優勢で敗れ、2年続けて2位だった。18歳のビロディドは2連覇。

 男子60キロ級は永山竜樹が2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルで2年連続世界一の高藤直寿を3位決定戦で破り、2年続けて銅メダル。

 高藤は準々決勝でシャラフジン・ルトフィラエフ(ウズベキスタン)に一本負け。敗者復活戦を勝ち上がったが、5位に終わった。永山を準決勝で破ったルフミ・チフビミアニ(ジョージア)が優勝した。