26日放送のバラエティー『有吉ゼミ 横浜流星ついに激辛に参戦! 2時間SP』の模様(C)日本テレビ

 俳優の横浜流星が、26日放送の日本テレビ系バラエティー『有吉ゼミ 横浜流星ついに激辛に参戦! 2時間SP』(後7:00)に出演。多いときは週3で激辛料理を食べ歩くほどの激辛好きだという横浜が人気企画「激辛チャレンジグルメ」に挑戦する。

【番組カット】週3での激辛料理食べ歩きを告白する横浜流星

 横浜が完食を目指す料理は「レッドモンスター超シビカラ担々麺」。店秘伝の超激辛坦々スープに、激辛肉味噌、さらにラー油でこんがりと揚げた真っ赤な激辛揚げ肉団子が2個と逃げ場のない超激辛メニューとなっている。

 冒頭から「激辛は好きなので、きょうは完食して帰ります!」と豪語する横浜とともに、ネガティヴ漫才で人気急上昇中の宮下草薙と激辛好きグラドル矢部みほ、さらに有吉ゼミの激辛隊長あばれる君もチャレンジ。あばれる君が一口食べただけで、汗が吹き出し、宮下も辛さにこらえきれず涙を流すという非常事態にも関わらず、横浜は「うん! 熱いけど美味しい」とまさかの余裕の表情を見せる。

 開始わずか5分で半分近くにまで到達するなど、順調なペースで食べ進める横浜だったが、尋常ではない量の唐辛子と、たった1粒で舌が麻痺するほどの強烈な痺れが特徴の本場四川産花椒(しせんさんかしょう)と青山椒が襲いかかる。あばれる君が「流星くんちょっと唇腫れてない?」と心配するも、横浜は「確かに口が痛いです。この痺れに勝たないと…。あと少しなんですけど…あと少しがきつくて…」と懸命に食べ進める。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。