防災キャンプでピザ作りに挑戦する児童=鳴門市の黒崎小学校

 防災に役立つアウトドアの知識を学ぶ「日帰りキャンプ」が25日、鳴門市撫養町の黒崎小学校であり、近くの住民ら約150人が参加した。

 避難生活を想定し、体育館や運動場にテントや日よけのタープ12張りを設置。ピザ作りやホイル焼き、豚汁の炊き出しなどに挑戦し、料理を味わいながら交流を深めた。

 ロープの結び方を学んだ山崎奏君(8)=撫養小3年=は「普段できない体験ができて楽しかった」と話した。

 NARUTO総合型スポーツクラブが、黒崎自治振興会などと連携して開いた。