三陸鉄道の累計乗客数が5千万人に達し、記念式典で撮影に応じる(左から)中村一郎社長、福士遥奈さん、佐々木梓さん=26日午後、岩手県宮古市の宮古駅

 東日本大震災の津波被害を経験した岩手県の第三セクター三陸鉄道(同県宮古市)は26日、開業からの累計乗客数が5千万人に達したとして、宮古駅で記念式典を行った。今年3月には、不通だったJR山田線宮古―釜石間を移管され「リアス線」として開通しており、中村一郎社長は「節目の年に達成し感慨深い」とあいさつした。

 5千万人目となった同県山田町の県立宮古高3年佐々木梓さん(18)と福士遥奈さん(18)は「驚いたけどうれしい。これからもたくさんの人に三鉄に乗ってほしい」と笑顔だった。

 三陸鉄道は津波で甚大な被害を受けながらも復旧し、復興の象徴となった。