SUPを体験する来場者=美馬市穴吹町の穴吹川

 日本一の清流とされる美馬市穴吹町の穴吹川で、川遊びを楽しむイベント「穴吹リバーパークス」(市商工会主催)があり、家族連れらでにぎわった。

 スタンド・アップ・パドルボード(SUP)エリアでは、ライフジャケットを着た参加者がパドルの握り方や使い方を教わりながら、懸命にボードを操った。水面に敷かれた長さ10メートルのござの上を走る「水上ござ走り」や、リバーカヤックの体験もあった。

 吉野川市の牛島小4年鎌田悠矢君(10)は「水がきれいで、小さい魚が泳いでいた。水温も冷たくて気持ちよかった」と笑顔だった。

 昨年8月に終了した「穴吹川筏下り大会」の後継イベントとして初めて催された。