気管支喘息の基本的な病態はアレルギーによる慢性の気道炎症であるとされます。アレルゲンを吸引することによって気道が急激に狭窄して発作的に呼吸困難が発生するのが喘息の急性期の症状です。気管支喘息はこのような急性の発作症状が様々な環境条件に伴って反復して出現する慢性疾患です。

 喘息症状が反復して出現すると、次第に気管支壁は器質的な変化を起こします。急性期の喘鳴や呼吸困難などが消失しても、気管支の慢性的な変化が治まっていなければ喘息が完全に治ったことにはなりません。

 また喘息発作が反復することによって気管支粘膜の過敏性が亢進しますから、少しの刺激でも大きな発作が起こるようになります。

 喘息に対する治療はその重症度によって変わります。発作が軽く繰り返すことがなければ咳や喘鳴、呼吸困難などの急性の症状が無くなるだけで十分です。

 しかし喘息発作が重症である時や何回も繰り返す場合には喘息発作を予防することが大切です。そのためには気道の慢性炎症を抑制する治療が必要です。慢性炎症を抑制する薬剤には吸入ステロイド剤やロイコトリエン受容体拮抗薬と言われる薬剤があります。急性期の発作が消失したのちにもこれらの薬剤を継続するのです。続けることによって気道の慢性炎症が治まると喘息発作が起こらなくなります。

 喘息症状は様々な環境の変化に伴って誘発されます。ウィルス感染や天候の変化、煙や刺激物の吸引などが引き金になります。鼻風邪が増える季節の変わり目には喘息が増えます。注意が必要です。