レールスターの試乗を楽しむ参加者=海陽町宍喰浦の阿佐海岸鉄道車両基地

 阿佐東線を運営する阿佐海岸鉄道が、海陽町宍喰浦の車両基地で車両の運転席見学や洗車を体験できる「あさてつワクワク体感ツアー」を開いた。

 家族連れ6組17人が参加した。鉄路と道路の双方を走る来年度導入のデュアル・モード・ビークル(DMV)の車内や、道路用と鉄道用の車輪を切り替える「モードチェンジ」を見学したほか、線路の保守点検用の軌道自転車・レールスターの試乗を楽しんだ。

 現行車両の洗車では、子どもたちがデッキブラシで窓や扉を磨いた。

 阿佐東線が大好きだという岩脇小6年貴田陸斗君(11)、2年陵太君(7)の兄弟は「モードチェンジがかっこよかった。普段は見られない車両基地を見学できて良かった」と笑顔だった。