夏休み明けに増えると指摘される子どもの自殺を防止するため、徳島地方法務局など全国の法務局は、29日~9月4日の7日間を「子どもの人権110番」強化週間とし、電話相談の受付時間を拡充する。

 普段は相談に応じていない土日の午前10時~午後5時に受け付けるほか、平日の受け付け終了時間を午後5時15分から午後7時まで延長する。受け付け開始は午前8時半。

 人権擁護委員や法務局職員が、学校でのいじめや友達関係の悩み、虐待などの相談に応じる。

 希望者には、郵送で悩みを相談できる「子どもの人権SOSミニレター」の用紙も発送する。ミニレターは夏休み前に県内の小中学校で配り、既に約50通が届いている。

 人権110番は<フリーダイヤル(0120)007110>。法務省のサイトではメール相談も受け付けている。