感想戦で対局を振り返る豊島将之王位=28日午後5時50分ごろ、徳島市の渭水苑

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(徳島新聞社など主催)の第5局は28日午前9時から徳島市沖浜東1の渭水苑で指し継がれ、午後5時16分、先手番の豊島が131手までで勝ち、対戦成績3勝2敗で初防衛に王手をかけた。

 1日目午前中から戦いが始まった本局。2日目も難解な攻防が続き、最後は攻めの本領を発揮した豊島が激戦を制した。

 持ち時間各8時間のうち、残りは豊島1時間8分、木村46分。第6局は9月9、10の両日、神奈川県秦野市の「元湯 陣屋」で行われる。