尾上さん(右)が徳島中に寄贈した佐野さんの「桜の咲く里」。左は杉本校長=同校

 徳島市の洋画家佐野比呂志さん=2013年に死去、享年(94)=の生誕100年を記念し、長女の尾上美千代さん(69)=神戸市東灘区=が、徳島市の徳島、富田両中学校に作品を寄贈した。

 徳島中には「桜の咲く里」(縦116・7センチ、横91センチ、制作年不明)を贈り、杉本恭介校長が「佐野さんの思いを末永く伝えていきたい」とお礼を述べた。富田中には「母子像」(同)を寄贈した。

 佐野さんは美術教員として徳島、富田両中学校に赴任中、生徒を全国教育美術展で7年連続全国1位に導いた。尾上さんは「多くの生徒に作品を見てほしい」と話した。