徳島県警は28日、県内の50代無職女性が架空請求詐欺で30万円分の電子マネーをだまし取られたと発表した。

 捜査2課によると、23日、女性の携帯電話に、実在する携帯電話会社名で「未払い金がある」とのショートメールが届いた。女性が24日、記載された番号に電話をかけると、男から「未払い金を安くできる。手数料が必要」と言われたため、コンビニエンスストアで30万円分の電子マネーのカードを購入し、番号を伝えた。男はさらに電子マネーを購入するよう女性に要求。女性の様子を不審に思った夫が110番した。