4・2キロのタイを釣り上げて優勝した吹田さん=鳴門市の亀浦観光港

 鳴門海峡で釣ったタイの重さを競う「鳴門BIG夢釣りまつり」が31日、鳴門市で始まり、県内外の約200人が腕を競った。1日まで。

 釣り船に分乗して亀浦観光港を出港し、午前6時から5時間半の間にルアー(疑似餌)で釣った1匹の重量を競った。初日に4・2キロを釣って優勝した大阪市の会社員吹田利蔵さん(45)は「スタートしてすぐに大きな当たりがあった」と喜んだ。

 大会は鳴門板野青年会議所が毎年開いており、11回目。