通算11アンダーで優勝し、トロフィーを手に笑顔の鈴木愛=小樽CC

最終日、18番でウイニングパットを沈め、ガッツポーズの鈴木愛

 女子ゴルフのニトリ・レディース最終日は1日、北海道小樽カントリー倶楽部(6650ヤード、パー72)で行われ、首位タイでスタートした東みよし町出身の鈴木愛(25)が通算11アンダーの277で今季4勝目(通算13勝目)を挙げ、賞金1800万円を獲得した。年間4勝は自己最多タイで今季賞金総額を約8500万円とした。

 8アンダーで出た鈴木は前半で3バーディー、ノーボギーとスコアを三つ伸ばした。後半は2バーディー2ボギーと手堅くまとめ、2位のアン・ソンジュと申ジエに2打差をつけた。

 鈴木は今季、2戦目のヨコハマタイヤ・プロギア・レディースで優勝し、6月に2週連続で勝利していた。