[波止]<津田沖ノ一文字>1日、コーナーでのフカセ釣りで30~47センチのチヌ4匹。通称ダンサ周辺でフジツボを餌に落とし込み釣りで35~48センチのチヌ6匹。

 <小松島港沖ノ一文字>1日、白灯でイシゴカイを餌に20~28センチのグレ40匹。20~22センチが主体。中央付近で沖アミを餌に30~35センチのチヌ3匹。同行の人が30センチ前後のチヌ2匹。赤灯でサビキ仕掛けを使い、13センチ前後のアジを24リットルクーラーに6分目。

 [磯]<中林>1日、エンバエ胴東で41センチのキビレ1匹と25センチのグレ2匹。同胴西で30、35センチのキビレと25センチのグレを各2匹、30センチのアイゴ1匹と24~35センチのマダイ8匹、30~40センチのハマチ3匹。ヨコスで30、35センチのチヌと30、37センチのキビレを各2匹、30センチのアイゴ1匹と25センチのグレ3匹。

 [イカダ]<由岐>1日、水温26・3度。3日が30~36センチのヒラソウダとマルソウダ交じりで75匹と23~31センチのマダイ7匹、25~31センチの本ハゲ9匹、35、42センチのカンパチ2匹。

 [投げ釣り]<新町川>1日、河口左岸の旧沖洲突堤で7時から9時間、マムシとアオイソメ、イシゴカイを餌に25~37センチのキビレ4匹と15~19センチのキス3匹。

 [船釣り]<鳴門海峡>31、1日、鳴門板野青年会議所主催の鳴門BIG夢釣りまつりが開かれ、県内外から各日200人が参加。タイラバージグでマダイ1匹の重量を競った。31日は大阪市の吹田利蔵さんが4・2キロ、1日は高松市の奥村益さんが4・65キロでそれぞれ優勝した。確認できた釣果は30~70センチのマダイのほかキジハタやハマチなど多彩な魚種が上がっていた。

 <牟岐沖>1日、水温26・4~26・7度。潮は上りのち下り。45~50センチのヒラソウダ23匹。

 <高知・室戸沖>31日、日暮れ前から7時間、仕立船で50センチのシブダイ1匹と60、70センチのクエ、60センチ前後のハガツオを各2匹、38~45センチのイサギ45匹、50センチ前後のサバ15匹。(県釣連盟報道部)