入団会見後、徳島の谷池強化部長(左)、阪南大の須佐監督(右)と記念撮影する吹ヶ=同大

記者会見する吹ヶ=同大

 J2徳島ヴォルティスに来季の新加入が内定している阪南大4年のDF吹ヶ徳喜(ふけのりき)=22歳、愛知県出身=が2日、大阪府松原市の同大で入団会見し「自分の力を最大限に出してチームに貢献したい」と抱負を語った。

 吹ヶは174センチ、67キロ。左利きのサイドバックで、U―17(17歳以下)日本代表の経験もある。徳島の印象と入団理由について「ボールを動かしながら攻撃していくチーム。自分も好きなスタイルで、成長できると思い選んだ」と話した。1月の宮崎キャンプにも参加しており「その時は得点につながるプレーができ、自信になった。加入までに守備面を改善したい」と意欲を見せた。

 名古屋ユース時代から注目していた徳島の谷池洋平強化部長は、徳島が求めるサイドアタッカーとしての能力を高く評価。「スピードや繰り返しスプリントできる力を備えている。判断も良く、戦術理解度が高い」と期待した。