写真を拡大  桜井玲香さんらがクールなヒップホップダンスを披露した「時分じゃない感じ」

 乃木坂46が9月1日に東京・明治神宮野球場で開いた「乃木坂46真夏の全国ツアー2019」ファイナル公演。キャプテン桜井玲香さんの卒業公演ということで、その最後の勇姿にひときわ注目が集まりましたが、他にも限定ユニット企画やアンダー曲企画、3・4期生のジョイント企画、生バンド企画といったたくさんの意欲的な試みがあり、乃木坂46がグループとして円熟期を迎えていることを印象付ける充実したライブになりました。企画の一つ一つを改めて振り返ってみましょう。

 【その1】限定ユニット企画

 指名されたメンバーがセンターを務め、今回だけのオリジナルメンバーで好きなユニット曲を披露する企画。この日は堀未央奈さんセンターの「自由の彼方」、齋藤飛鳥さんセンターの「他の星から」、生田絵梨花さんセンターの「白米様」、桜井さんセンターの「自分じゃない感じ」の計4曲が披露されました。

 「自由の彼方」は、乃木坂46の1作目アルバム「透明な色」に収録されているグループの楽曲の中でも屈指の名曲として人気の曲です。堀さんに加え、佐々木琴子さん、伊藤理々杏さん、佐藤楓さん、吉田綾乃クリスティーさん、早川聖来さん、北川悠理さんの計7人による歌唱でした。

 羽を思わせる白い衣装で、時に激しいダンスを交えながらパフォーマンスした中で、最大の見せ場は何と言っても大型スクリーンに映し出された巨大な白い羽の中央に堀さんが立ち、鳥になった瞬間。その姿はまるで天使のようでした。4期生の早川さん、北川さんのダンスもキレがあって大きな声援を浴びていました。

 「顔面サイズ芸能界最小」とうたわれる1期生のエース齊藤さんがパートナーに選んだのは、齊藤さんに匹敵する小顔の持ち主で、最新シングルで選抜のセンターに大抜てきされた4期生のエース・遠藤さくらさん。芸能界最強小顔コンビは、ファン投票1位に選ばれたこともある人気曲「他の星から」をコンテンポラリーダンスで表現しました。

 振り付けは「インフルエンサー」「シンクロニシティ」「Sing Out!」を担当したSeishiroさんで、独特の手を柔軟に使ったダンスが細く長い2人の手足にピッタリ。齊藤さんは以前からダンススキルの高さに定評がありますが、遠藤さんも負けずに食らいつきました。

写真を拡大  齋藤飛鳥さんと遠藤さくらさんの芸能界最強小顔コンビによる「他の星から」

 1期生屈指の歌唱力を誇る生田さんと組んだのは、同じく2・3期生屈指の歌唱力の高さで知られる伊藤純奈さんと久保史緒里さん、そして4期生の賀喜遥香さん。原曲は松村沙友理さんを軍団長とする「さゆりんご軍団」のコミカルな楽曲ですが、ドリームガールズをほうふつとさせるR&B調のアレンジで、歌詞も「白米様」を「Dear white rice」に置き換えるなどして、どこまでもかっこよく圧倒的な歌唱力で歌い上げました。

 歌唱力の大いなる無駄使いとの声も聞こえてきそうですが、4人のスキルの高さがいかんなく発揮された上に、笑って感動できるまさにミュージカルのような素晴らしいステージでした。

 歌唱力に加え、ダンスでも1期生屈指の高いスキルを誇る桜井さんは、同期の中田花奈さんと和田まあやさん、3期生いちのダンス力を持つ阪口珠美さん、4期生の金川紗耶さんと5人で「自分じゃない感じ」をヒップホップダンスを交えて披露しました。3期生の原曲のかわいらしい雰囲気も残しつつ、クールさがプラスされ、Bガール風の衣装も含めて桜井さんの魅力が余すところなく発揮されていました。金川さんの初々しくも高いダンス能力も鮮烈な印象を残しました。

 ユニット企画はいずれも、各メンバーの長所を最大限生かしつつ、4期生の魅力も引き出し、既存の楽曲に新たな魅力を付加したという点で、大きな成果を上げたと言えるでしょう。(R)