[磯]<中林>2日、11時ごろから1時間ほど南の風が強かった。釣り人1人。エンバエ西の胴でウキ下サオ1本半~2本を探り、30~35センチのチヌ3匹と23~25センチのグレ8匹、23~30センチのマダイ、30~35センチのアイゴを各10匹、40センチのカンパチ1匹。餌取りが少なく、釣りやすかった。

 <由岐>2日、下り潮で水温26・6度。ムギバエで11時までで、23~28センチのグレ10匹と30センチのマダイ、30、35センチのカンパチを各2匹。またイカダでは、30~34センチのマルソウダ10匹と30、33センチのマダイ、30、37センチのカンパチを各2匹、30~36センチのアイゴ3匹。

 <福村>1日、水温25・4度。午後から北西の風が次第に強くなった。チヌは、一番イサギ場でTEAM磯FINALISTの福原健さんが、25~40センチを7匹。胴ウラで38センチを1匹。胴で26センチのイサギ1匹。二番東で35センチ前後を2匹。ドンガンと大バエで、33~43センチを5匹と25センチまでのアジ7匹、23センチのツバス1匹、32センチまでのマダイ13匹、20~23センチのガガネ3匹、30、33センチのアイゴ2匹。中辰で阿南黒潮会の井口賢さんが、30~35センチを3匹と23センチまでのマダイ3匹、24センチのグレ1匹、40センチまでのアイゴ4匹。赤岩モタレで34センチを1匹。土佐バエと長バエ胴で、32センチを1匹と42センチのキビレ、30センチのアイゴを各1匹、25センチまでのマダイ6匹。大バエで四国遊釣会の吉岡大介さんが38センチを1匹。

 [波止]<金磯岸壁>2日、6時半から約40分、イガイを餌に落とし込み仕掛けで、45センチのチヌ2匹。

 <赤石東ふ頭>2日、7時から2時間半、イガイを餌に48センチのチヌ1匹。7時半から1時間半で、40センチのチヌ1匹。

 <答島港>2日、6時から午前中、朝日フィッシングファミリーの岩佐大祐さんが、ハリス1号チヌバリ2号でウキ下3~5ヒロと探り25センチを主体に、20~40センチのチヌ12匹と28センチのグレ1匹。同行の人は37、44センチのチヌ2匹。近くの人も、26センチのマダイと15センチのキスを各1匹、25センチのチヌ3匹。

 <橘港>2日、12時半から2時間半、市販の加工沖アミとコーンを使い、阿南市の和田耕一さんが34、45センチのチヌ2匹。

 [潮入り川]<福井川>2日、水門付近で12時半から約1時間、市販の加工沖アミを餌に25センチ前後のチヌ3匹。

 [船釣り]<兵庫・南淡路>1日、夕方の1時間半、自家用船で出掛けた5人がジギングや釣ったアジを餌に、30~43センチのカンパチ18匹と40センチのハマチ2匹、60~65センチのメジロ4匹。(県釣連盟報道部)