乃木坂46が9月1日に東京・明治神宮野球場で開いた「乃木坂46真夏の全国ツアー2019」ファイナル公演。キャプテン桜井玲香さんの卒業公演ということで、その最後の勇姿にひときわ注目が集まりましたが、他にも限定ユニット企画やアンダー曲企画、3・4期生のジョイント企画、生バンド企画といったたくさんの意欲的な試みがあり、乃木坂46がグループとして円熟期を迎えていることを印象付ける充実したライブになりました。企画の一つ一つを改めて振り返ってみましょう。

 【その2】アンダー曲フィーチャー企画

 選抜メンバーが歌う表題曲に負けない魅力を持つアンダーメンバーの楽曲に光を当てる企画として、選抜・アンダーメンバー混成で「あの日 僕は咄嗟(とっさ)に嘘(うそ)をついた」、「ここにいる理由」、「不等号」の3曲が披露されました。「咄嗟」は生田絵梨花さんセンターで、選抜から桜井玲香さんや堀未央奈さんらが、「理由」は寺田蘭世さんセンターで、選抜から久保史緒里さんや山下美月さんらが、「不等号」は齋藤飛鳥さんセンターで、選抜から松村沙友理さんや高山一実さんらが参加してのパフォーマンスでした。

写真を拡大 アンダーメンバーによる「滑走路」のパフォーマンス

 アンダー曲は昭和歌謡のような情念を感じさせる歌詞の作品や前衛的なメロディーのものなど、選抜曲とはひと味違った個性があります。それに加え、そのパフォーマンスには「次のシングルこそ選抜に入りたい」「選抜メンバーに負けない自分たちの魅力を見てほしい」といった一種の情念がこもっています。それぞれの楽曲のセンターに対するファンの思い入れが強く、アンダーライブを経験するためメンバーは表現力に自信を持ってます。それゆえ、アンダー楽曲を選抜メンバーがパフォーマンスする際には、披露する側も見る側も独特の緊張感に包まれるのです。

 ファンのこうした強い思い入れゆえに、この企画の成否については「やっぱり『咄嗟』のセンターは井上小百合さんがよかった」などと否定的な意見も一部にありますが、少なくとも生田さんの歌唱力や齊藤さんの表現力は楽曲の新たな魅力を引き出していました。アンダーメンバーで唯一センターを務めた寺田さんと、3期生のエースメンバーで休業からの完全復活を印象付けた久保さん、山下さんの火花の散るようなパフォーマンスの応酬など、選抜・アンダーが互いに意識し合うことでこれまで見たことのない熱いステージが繰り広げられていました。

 アンダー楽曲という点で忘れてはならないのは、企画3曲の前にアンダーメンバーで披露された、寺田さんセンターの「滑走路」、そして北野日奈子さんセンターの「日常」です。特に北野さんが鬼気迫る表情で見せた全身全霊のパフォーマンスは圧巻で、この日のMVPと言っても過言ではないでしょう。会場、そしてライブビューイングで息をのんで見守った全国の観客に、アンダーの実力を存分に見せつけたはずです。北野さんの大きなダンスや表情は、選抜を含めた全員でパフォーマンスする際にも光っていました。次期シングルでアンダーライブを率いる若きアンダーセンター岩本蓮加さんにも、その熱き魂が継承されたことを期待せずにはいられません。(R)