徳島県警捜査1課と徳島板野署は3日、強盗致傷の疑いで、徳島市国府町和田、元徳島市臨時職員の無職男(34)ら男女4人を逮捕した。

 他に逮捕されたのは、元市臨時職員の元妻のコンパニオン(30)と、ともに20歳の無職男2人の3容疑者。いずれも元市臨時職員と同居している。

 逮捕容疑は、8月10日午前1時ごろ、徳島市応神町の飲食店駐車場で、板野郡の20代男性会社員に殴る蹴るの暴行を加えて全治2週間のけがを負わせ、約8万5千円を奪ったとしている。

 署によると、男性は会員制交流サイト(SNS)で容疑者の一人と知り合った。4人は共謀して男性から金を奪おうと計画。男性を誘い出し、因縁をつけて暴行、コンビニの現金自動預払機(ATM)から現金を引き出させるなどした。署は4容疑者の認否を明らかにしていない。

 市によると、元市臨時職員は6~8月、病欠中の職員の代わりに西部環境事業所業務課に所属し、ごみ収集を担当した。市総務部は「被害に遭われた方や市民に迷惑を掛け、深くおわびしたい」としている。