突然変異で青色になったアマガエル

 徳島市川内町中島の田んぼで体長約2センチの青いニホンアマガエルが見つかった。市内の会社員村上京子さん(52)が稲刈り中に捕まえた。

 県立博物館によると、通常のアマガエルは3種類の色素を持つ。色素の異常から黄の色素を持たず、青く見える個体がまれに存在するという。

 毎年の稲刈りで多くのアマガエルを見てきた村上さんが、青い個体と出合うのは初めて。「何を食べて育つのか分からないので飼育は諦め、元の場所に戻したい」。