女子ホープスナショナルチームのメンバーに選ばれた城東小の梶原=徳島市のマブチスポーツ徳島店

 卓球の小学生以下の女子ナショナルチーム(16人)のメンバーに城東小2年の梶原咲那(8)が選ばれた。10日から4日間、東京のナショナルトレーニングセンターで行われる強化合宿に参加する。

 4月の選考会バンビの部(小学1、2年)で選抜された。身長126センチとまだ小柄ながら、左から放つ強烈なドライブを武器に、昨年の県小学生学年別など数々の大会で優勝している。

 中高時代に卓球経験がある父、昌宣さん(44)の導きで5歳から競技を始めた。足の運び方など当初からセンスの良さを見せ、自宅近くの福島クラブや徳島市の卓球教室に通い急速に上達した。

 プロの卓球選手になるのが夢で、憧れは女子日本代表の石川佳純。合宿には6月の中国オープン・カデットの部で準優勝した小学5年の張本美和など年の近い有力選手も参加する。梶原は「強い相手と試合をするのが楽しみ」と話している。