写真を拡大 音楽活動を本格化させることを発表したadieu(上白石萌歌)

 若手人気女優・上白石萌歌さんが自身のツイッターで「adieu(アデュー)」名義で音楽活動を本格始動することを発表した。adieuは、2017年公開の映画「ナラタージュ」の同名主題歌を、当時17歳であること以外はプロフィルを一切公表せずにCDリリース。RADWIMPSの野田洋次郎さんが作詞・作曲を手掛けた楽曲を歌う、あどけなく透明でぬくもりにあふれた歌声は当時、「時を止める歌声」と称賛されてその持ち主に多くの臆測が飛び交っていたが、その正体が上白石さんだったことが判明した。

 上白石さんはこれまで、16年末から放送されたKIRIN「午後の紅茶」CMシリーズでCharaさん「やさしい気持ち」スピッツ「楓」などを歌唱。中でもHY「366日」はユーチューブでの再生回数が2500万回を突破して大きな話題となった。徳島県出身のシンガー・ソングライター米津玄師さんがプロデュースしたNHKの2020応援ソング「パプリカ」のNHKオフィシャルカバーは、ユーチューブでの再生回数が1200万回を突破。ほかにも、大阪・FM802の春のキャンペーンソングに参加したり、舞台で美しい歌声を披露したりと、演技のみならず歌でも多くの感動の声を集めてきた。

写真を拡大  新曲「強がり」のMVの一場面

 「ナラタージュ」の発表から2年の時を経た8月30日深夜、上白石さんの意味深なツイートを機に再びadieuの名がSNS上を飛び交う。この日、上白石さんは、adieuの新作ミュージックビデオ(MV)「花は揺れる」のURLをツイート。同曲は、シングル「ナラタージュ」に収録された楽曲で、本人からの明言はないものの、ファンからは「adieu=上白石萌歌」で間違いないと確信する声が多く寄せられていた。

 9月6日午前0時には、新曲「強がり」のMVが公開された。教会で歌うadieu(上白石萌歌)の凛とした姿と、高い精神性を感じさせる映像への賛辞とともに、本格的な音楽活動を切望する声も高まっていた。そして6日正午、上白石さんは「申し遅れました。私adieuと申します。愛する音楽続けてまいります。」と音楽活動の本格始動を明言。現在、今後のリリースやライブなどの活動はベールに包まれたままだが、adieu(上白石萌歌)が打ち出すであろう新たな表現から目が離せない。

 

■adieu OFFICIAL SITE
 http://www.adieu-web.com

■adieu Official YouTube Channel
 https://www.youtube.com/channel/UCA38_Ml99uZQfbd6--ECNig

【MV】
「強がり」MUSIC VIDEO
 https://youtu.be/J1dox5WFMeI

 

「花は揺れる」MUSIC VIDEO
 https://youtu.be/sC6H1WCYfyU

 

「ナラタージュ」MUSIC VIDEO
 https://youtu.be/456fxjBJ7Tw

 

■LISTEN & DL
「ナラタージュ」「花は揺れる」
 https://smr.lnk.to/adieunarathageTW

「強がり」
 https://lnk.to/nH-SZWN

■リリース情報
 adieu「ナラタージュ」(single)
 発売日:2017年10月4日(水)
 M-1「ナラタージュ」(作詞・作曲:野田洋次郎 Co-Arranged by Tokyo Recordings, 野田洋次郎)
 M-2「花は揺れる」(作詞・作曲:OBKR, YOUKI KOJIMA 編曲:Tokyo Recordings)
 M-3「ナラタージュ instrumental」
 M-4「花は揺れる instrumental」

 価格:¥1350(税込)
 品番:SRCL-9533