5日、日中は日差しが出たものの、阿南周辺は早朝に雷を伴う激しい雨が降った。夜が明けても時折雨は激しく降り、磯渡しを見合わせた渡船業者もあった。まだまだ残暑が厳しいが、北西の風が吹く時もありだんだんと秋の匂いも漂いだした。波止や岸壁、潮入り川ではチヌやキビレの釣果が上向いてきた。週末には台風が接近しそうだが、無理な釣行は避け安全で楽しい釣りを心掛けたい。

 [磯]<高知・甲浦>5日、雨のち曇りで少し波があった。水温26度。赤灯台で35、37センチのイシガキダイ2匹。湾内の1号イカダでは25~27センチのシマアジ10匹。4日は、エボシで35センチのイシガキダイ1匹。赤灯台で30センチのアカハタ1匹。

 <由岐>4日、水温26・3度。ムギバエで35、38センチのカンパチ2匹と23~29センチのグレ5匹、30~39センチのアイゴ4匹。イカダでは2人が25~31センチのマルアジ42匹と30~35センチのヒラソウダとマルソウダ合わせて10匹、30センチのマダイ2匹。

 [波止]<高知・甲浦港>5日、早朝の1時間ほどアジを餌に取り込みにはヤエンを使い、0・9、1・1キロのアオリイカ2匹。近くでも0・5キロを1匹。雨が激しくなり早々にサオを納めた。

 <辰巳北突堤>4日、東の風が強かった。早朝に1時間ほど冷凍キビナゴを餌に引き釣りをした人が、指幅2~3本半のタチウオ5匹。その後ルアーを投げて35センチのツバス1匹。

 <橘港>4日、薄濁りで潮はあまり動かなかった。中央付近で6時前から約7時間、市販の加工沖アミを餌にハリス0・8号チヌバリ1号でウキ下4~5ヒロと底に仕掛けをはわせた人が40センチ前後を主体に23~47センチのチヌ14匹と28センチのキビレ、20センチのチャリコを各1匹。先端付近では25~45センチのチヌ8匹と43センチのキビレ1匹、27、30センチのツバス2匹。

 [潮入り川]<今切川>3日、18時から3時間ほどパッチンを餌にチョイ投げをしたAFTの人が50、53、82センチのウナギ3匹。

 [船釣り]<福村沖>4日、自家用船で出掛けた人らが午前中タイラバージグで40~69センチのマダイ9匹。

 <兵庫・南淡路沖>4日、南の風が強く、風波もあった。夕方の2時間ほど自家用船で出掛けた人が、釣ったアジを餌にハリス7号で35~44センチのカンパチ5匹と45~50センチのハマチ3匹、70センチのメジロ1匹。同行の人も35~43センチのカンパチ3匹と45センチのハマチ2匹、65センチのメジロ1匹。

 [友釣り]<勝浦川>4日、濁りはなかったが平水より10センチほど増水。今山周辺で6時から10時間ほどで19~25センチのアユ12匹。(県釣連盟報道部)