8日、県内は台風15号の影響で南東の風が強く、うねりも伴い波は高かった。県南部の渡船は多くが休業。暑さを感じる1日だったため、手軽な波止や岸壁でも釣り人は少なかった。天候が回復すればいろいろな魚種で釣果が期待できるだろう。

 [波止]<津田沖ノ一文字>8日、南東の風でうねりを伴う高い波。赤灯でサビキ仕掛けを使い、12センチ前後のアジ100匹と釣ったアジを餌に泳がせ釣りで30~35センチのツバス5匹。付近では2人がフカセ釣りで30~38センチのアイゴ8匹。コーナーで27~45センチのチヌ6匹。同所西向きでサビキ仕掛けにウキをつけ25センチ前後のアジ3匹。3人がルアーを使って投げ歩き、指幅4本のタチウオ5匹と30~35センチのツバス3匹。

 [磯]<福村>8日、釣り具メーカーの大会が行われた。参加者は40人。水温25・2度。台風の影響でうねりが大きく、上がれないハエが多くあった。対象魚はチヌで5匹の重量を競い、25人が計量し総重量は58キロ。烏帽子島のウラビョウブで海正クラブの寿田繁典さんが5500グラムで優勝。淡島のキモンで阿波一風の浦川利幸さんが4340グラムで2位。烏帽子島の無名機で阿南黒潮会の細川泰功さんが4300グラムで3位。対象魚以外では淡島のキモンで60センチのマダイが釣れていた。

 <中林>8日、エンバエ胴東で35~43センチのチヌ3匹と30~35センチのアイゴ5匹。同胴裏で30、40センチのチヌ2匹と23~25センチのグレ、30~35センチのアイゴを各8匹、40センチのハマチ1匹。高崎は2人で30~42センチのチヌ5匹と23~25センチのグレ9匹、30~35センチのアイゴ、20~25センチのマダイを各11匹。消波ブロックは2人で30~48センチのチヌ12匹と40センチのキビレ1匹、30~35センチのアイゴ4匹、35~40センチのハマチ3匹。

 [潮入り川]<新町川>7日、南東の風でうねりがあった。16時から3時間、河口左岸の岸壁で阿波市の人が沖アミを餌に40センチのチヌ1匹と同型のキビレ2匹、23センチのメバル3匹。アタリがあったのは5ヒロ半。別のサオでキビナゴを餌に指幅4本のタチウオ2匹。

 [イカダ]<ウチノ海>8日、中央付近のヤカタでサヨリ狙いが30センチ前後を150匹。周辺でも100匹。別のヤカタで家族連れ3人がサビキ仕掛けを使って10~13センチのアジ300匹と釣ったアジを餌に30~35センチのツバス4匹。                       (県釣連盟報道部)