さまざまなデザインのブックカバーが並んだ展示会=松茂町広島の町歴史民俗資料館

 松茂町広島の町歴史民俗資料館で、町内の子どもが作った藍染のブックカバーの展示会が開かれている。16日まで。

 7月に資料館で行われたブックカバー作りの教室(町立図書館主催)に参加した、小学生以下の子どもと保護者15組の作品を1点ずつ展示。子どもが自分や家族に贈りたい本の内容を紹介するパネルを添えており、「ママいつも宿題を教えてくれてありがとう」などのメッセージもつづっている。

 四国大4年の木内響さん(24)=藍住町住吉=は「大切な人への心がこもった作品だと感じた」と話した。