東京パラリンピックを来年に控え、障害者スポーツに理解を深めてもらう「障がい者スポーツセミナー」(徳島県、県スポーツ振興財団主催)が21日、美馬市美馬町の県立西部防災館で開かれる。

 日本福祉大スポーツ科学部助教の安藤佳代子さんが、障害の有無にかかわらず楽しめる障害者スポーツの意義や、パラリンピック競技の魅力について語る。車いすテニスで北京、ロンドン両パラリンピックに出場した岡部裕子さん=北島町=の実技講習もある。

 午後1~4時。定員50人、無料。申し込みの締め切りは12日。問い合わせは県広域スポーツセンター<電088(685)4021>。