鮮やかな藍色に染まったTシャツに歓声を上げる園児=徳島市の多家良保育所

 徳島市多家良町の多家良保育所で、地元の若手農家グループ「多家良インディゴーズ」による藍染体験会があった。

 2~5歳児24人が、インディゴーズ代表の髙曽根督也さん(32)ら4人の指導を受けながら、ビー玉や割り箸などをくるんだTシャツを藍液に浸した。藍染したTシャツは10月の運動会で着用する。

 西岡陽依ちゃん(5)は「きれいにできたので着るのが楽しみ」と笑顔だった。

 多家良地区で生産している藍の魅力を子どもに知ってもらおうと、昨年に続いて開いた。