AKB48チームKキャプテン込山榛香(右)の21歳誕生日を祝福(C)AKS

 アイドルグループ・AKB48単独のツアー『AKB48全国ツアー2019~楽しいばかりがAKB!~』の東京公演が12日、江戸川区総合文化センターで行われ、昼公演はチームKが出演した。

【ライブ写真】客前でセンター曲を初披露した矢作萌夏

 この会場には武藤姉妹が思い入れがあるといい、姉の十夢は「昔ここに立ったことがあるんです。幼稚園のお遊戯会で。“激エモ”すぎる」と大興奮。「何年くらい前かな…20年くらい前?」と笑いを誘った。妹の小麟は「小さい時にピアノを習っていて、ここで発表会をやったんですけど、そのときの先生が来てくださっている」と緊張しながらも“凱旋”を喜んでいた。

 キャプテン込山榛香の21歳の誕生日とあり、自己紹介で「21歳になっても“こみはるスマイル”を届けます」とあいさつすると、メンバーとファンから「おめでとう」の声が飛び交った。「夜12時過ぎてからLINEの通知がすごくきて、チームKの後輩たちが長文のLINEを送ってくれて。前日からスタンバって、12時ちょうどに(送信を)押してくれたのが愛おしい。21歳、チームKのためにも頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

 AKB48の楽曲を2曲同時に流すイントロクイズコーナーの最終問題で逆転に意欲を燃やす込山が耳をすませたところで「涙サプライズ」がかかり、メンバーがバースデーケーキを運んでくるサプライズも。バースデーソングでは込山のリクエストで「ディア キャプテン~」と会場全体で唱和した。

 満面の笑みを浮かべた込山は「21年間生きてきたなかで大げさと言えないくらい、チームKとステージに立って、ファンの皆さんの目の前で誕生日をお祝いしてもらえたのはすごくうれしいです。家族、ファンの皆さん、チームKで今の込山榛香ができていると思うので、感謝の気持ちを恩返しとして返せるように頑張りたいと思います」と感謝しきりだった。

 本編ラストには、18日発売のAKB48の56thシングル「サステナブル」を披露。シングル表題曲で初のセンターに抜てきされた矢作萌夏は客前で同曲を披露するのは初となり、「緊張しているんですけど、温かく見守ってくださるとうれしいです」とあいさつ。その言葉どおり曲紹介を忘れてポジションに入る緊張ぶりだったが、歌い終えると込山から頭をなでられ、安堵の表情を浮かべていた。

■AKB48チームK出演メンバー
市川愛美/岡田梨奈/小林蘭/込山榛香/下口ひなな/長友彩海/橋本陽菜/春本ゆき/左伴彩佳/峯岸みなみ/武藤小麟/武藤十夢/茂木忍/安田叶/矢作萌夏/小田えりな/湯本亜美

■セットリスト
Opening Act となりのバナナ(研究生:末永祐月、永野恵)
overture
01. エリアK
02. ゼロサム太陽
03. 今度こそエクスタシー
04. Virgin love
05. RESET
06. スクラップ&ビルド
07. その汗は嘘をつかない
08. 波乗りかき氷(矢作、湯本、安田、岡田)
09. 抱きしめられたら(込山、茂木、長友)
10. 涙の表面張力(武藤十、市川、下口、左伴)
11. チューしようぜ!(武藤小、小林、橋本、春本)
12. また あなたのことを考えてた(峯岸、小田)
13. 青春ガールズ
14. 偉い人になりたくない
15. Teacher Teacher(市川、小田、込山、下口、長友、橋本、左伴、峯岸、武藤小、武藤十、茂木、安田、矢作、湯本、岡田、小林)
16. NO WAY MAN
17. 僕たちは戦わない
18. 言い訳Maybe
19. 希望的リフレイン
20. 大声ダイヤモンド
21. 前しか向かねえ
22. サステナブル
【アンコール】
23. 転がる石になれ
24. 僕にできること
25. To be continued.
26. 君と虹と太陽と


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。