徳島市出身の作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(97)の作品をテーマにした「寂聴サミット」が12月9日午後2時から、早稲田大小野記念講堂(東京都新宿区)で開かれる。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。