2020年東京五輪に向けて日本の陸上界が知恵を絞って導入した代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)は停滞していた長距離界を活性化させる効果があった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。